インスペック株式会社は暮らしを支えるテクノロジーを見つめています。

沿革

昭和59年1月 エレクトロニクス分野における電子部品組立を事業目的として太洋製作所を創業
昭和63年5月 秋田県仙北郡(現仙北市)角館町西長野に有限会社太洋製作所を設立
平成3年6月 株式会社太洋製作所に組織変更
平成3年10月 秋田県仙北郡(現仙北市)角館町雲然に本社移転、新社屋建設
平成8年2月 中小企業庁より研究開発支援事業の「中小企業創造活動促進法」に基づく研究開発支援事業の認定を受ける
平成9年3月 通産省より「特定新規事業実施円滑化臨時措置法(新規事業法)」に基づく支援事業の認定を受ける
平成9年7月 リードフレーム検査装置(MV7000シリーズ)販売開始
平成13年1月 インスペック株式会社に商号変更
平成14年1月 BGA検査装置及びテープ検査装置用画像処理専用コンピュータ「inspecⅡ」開発完了
平成14年3月 BGA検査装置(BF2000シリーズ)販売開始(inspecⅡ搭載)
平成14年7月 TABテープ検査装置(TR2000シリーズ)販売開始(inspecⅡ搭載)
平成15年3月 東京都港区に東京オフィス開設
平成17年3月 高性能パターン検査装置用画像処理専用コンピュータ「inspecⅢ」開発完了
平成18年6月 株式会社東京証券取引所マザーズ市場へ上場
平成18年10月 本社工場増改築工事竣工
平成21年5月 世界最高性能の基板AOI(パターン検査装置)SX5000シリーズを販売開始
平成21年7月 経済産業省より「平成21年度戦略的基盤技術高度化支援事業」に採択
平成21年11月 経済産業省より「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」に採択
平成22年10月 基板AOIの世界市場向け戦略製品SX3300シリーズを販売開始
平成23年6月 台湾TKK(Taiwan kong king Co.,Ltd.:台灣港建股份有限公司)と総代理店契約締結
平成23年8月 インライン高性能検査装置を販売開始
平成24年10月 フレキシブル基板(FPC)向け小型AVI(最終外観検査装置)AV500 を販売開始
平成24年11月 経済産業省より「平成24年度グローバル技術連携支援事業」に採択
平成25年9月 台湾に現地法人「台湾英視股份有限公司」(英文名:Inspec Taiwan Inc.)を設立
平成26年10月 100%子会社の「テラ株式会社」を設立し、医療関連機器事業に参入
平成27年3月 スイス・ジュネーブの「First EIE SA」を子会社化
平成28年6月 ロールtoロール型高性能検査装置RAシリーズを販売開始
平成29年1月 連結子会社のテラ株式会社が、株式会社クラーロの全事業を譲り受けクラーロ株式会社に社名変更
平成29年9月 東京証券取引所マザーズ市場から同証券取引所市場第二部へ変更

各種お問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る