インスペック株式会社は暮らしを支えるテクノロジーを見つめています。

ロールtoロール型シームレスレーザー直描露光機

DI

新たな事業に取り組みます

現在、自動車のCASE(※1)への取り組みは加速度的に進歩を続けており、 自動車メーカー各社は自動車の内部配線(ワイヤーハーネス)の急速な増加に伴い高品質で軽量なFPCの採用に取組んでおり、 長尺のFPCをシームレスに露光が可能な露光機へのニーズが高まっております。
当社は、このニーズに対応するべく、世界初となるロールtoロール型シームレスレーザー直描露光機RD3000を開発いたしました。
本製品の受注を2020年2月から開始し、来期以降に出荷を開始する予定です。

※1 CASE : Connected(コネクテッド) Autonomous (自動運転)
       Shared (シェアリング)   Electric (電動化)

DI

  • 主なスペック

    • レーザー光源  :波長405nmの半導体レーザー
    • 最小L/S   :200μm/200μm
    • 露光速度    :20mm/秒
    • 最大露光幅   :250mm
    • 最大露光長   :6000mm(6000mm以上は要相談)
    • 露光面     :片面露光
    • 個別ID露光   :有り(データマトリックス、英数24文字)
    • 対応データ   :ガーバーデータ
    • 装置寸法(mm):W=2370、H=1950、D=1300

各種お問い合わせはこちら

各種お問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る